栃木県技能士会連合会

技能士とは、技能検定(国家検定試験)に合格した優れた技能者に与えられた称号です。技能士会は、技能士の技能および知識の向上ならびに、社会的地位向上を図るとともに、産業経済の発展に寄与する目的をもって、一般消費生活に関連の深い職種に係る技能士を結集して、昭和53年3月に設立され、各種事業を展開しています。



主な事業

*栃木県技能展開催 *全国技能士大会参加
*ふれあい技能体験学習・こども技能塾 *技能振興功労者・優秀技能士の表彰
*技能士研修会開催 *全技連マイスターの推薦
*技能向上講習会の助成 *技能士カード・手帳の斡旋
*技能グランプリ参加 *会報発刊

会員団体名簿

正社員・賛助会員で構成されています。
【技能士会会員団体名簿】


事業内容

栃木県技能展の開催

技能士や職業訓練生の実演・作品展示・即売・ものづくり体験を通じて、広く一般に技能の素晴らしさ、ものづくりの魅力を認識していただくために開催しています。


ふれあい技能体験学習・こども技能塾(県委託事業)

次世代を担う小・中学生を対象に、ものづくりの楽しさ素晴らしさを知ってもらうために、マイスターを中心に体験指導を行っています。


技能グランプリの参加

熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会に毎年参加しています。

技能士研修会の開催

技能士の資質向上を図ることを目的とし、講習会を開催しています。

技能向上講習会の助成

技能士が、資格取得後もその有する技能水準を維持向上していくための研修や、後進の技術検定受検対策の講習会を実施した単位技能士会へ助成をしています。

技能士カード・手帳の斡旋

技能士カード・手帳は、技能検定試験に合格されている方の資格を証明するもので、全国技能士連合会が発行します。お申込みは、栃木県技能士会連合会まで。
TEL. 028-643-0811
技能士カード、技能士手帳の申込書はコチラ